シワができる原因

何故、加齢とともにシワが増えていってしまうのでしょうか。

これはしょうがないことなのでしょうか。肌が老化して水分不足なったり、
ハリがなくなったりします。加齢とともにシワが増えますがハリが
なくなったりすると肌が元の状態に戻らずシワが出来る原因です。

肌は3層で構成されています。表皮、真皮、皮下組織です。皮下組織が
表皮と真皮を支え、真皮が表皮を支えています。その真皮に
含まれているコラーゲンの減少と、筋肉などの皮下組織の衰えなどが、
シワが出来る原因になっています。シワの出来る原因としてまず
考えられるのは紫外線です。紫外線は細胞を破壊します。またさらに、
肌の水分が失われ、肌が乾燥してしまい老化を早めてしまいます。

そして肌成分コラーゲンをも傷つけてしまいます。

冷暖房による乾燥もシワの原因になります。不規則な生活、睡眠不足は
健康にも良くないですし、肌の新陳代謝に悪影響を及ぼします。
栄養不足や偏食などはダイエットにありがちなのですが、
これは肌荒れの原因となり、シワの元となります。

きちんとメイクが落ちていなかたり、洗顔をいい加減にしてしまったり
普段のお手入れを怠るとシワの一因になってしまいます。

肌のトラブルは、肌に合わない基礎化粧品やメイクアップ用品を
使ってしまうことが原因となることもあります。

加齢によるシワを防ぐことは出来ませんが、体質や肌質、
生活習慣など。あらゆる条件が重なって出来るものです。

シワ対策は早めに若いうちからしっかりとしておきましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほほたるみの対策

ほほたるみにならないための対策方法、防止方法のご紹介です。

ほほたるみに負けてはいけません。ほほたるみを防止対策、
予防対策をすることで、心も体も綺麗になりましょう。

方法はさまざまですが、まずは肌を十分にケアしてあげることが重要です。
これこそがほほたるみを防止する対策方法です。水分補給は大事です。

化粧水、美容液、乳液エッセンスなどでしかっりおぎなって、
ハリのあるお肌にしましょう。お肌の乾燥はよくありません。

まず、保湿してあげることが基本です。カサカサ肌は、見た目も良く
ないですが、肌も傷つけてしまうことになります。シワに
ついてもほほたるみがなければ無くなるでしょう。一石二鳥ですよね。

忘れてはならないのが外出時の紫外線防止のメイクです。

ほほたるみを予防する次の対策は、食生活を見直すことです。
食べられる量は決まってしまいますが、肌に良い食べ物も積極的に
取ります。必要なのは、食事だけでは補えない栄養をサプリメント
などでしっかり補うことが大切なのです。

肌に良いとされているコラーゲンやアミノ酸、ビタミンなどの
サプリメントは、今どこでも簡単に買うことができますよね。

そして、ほほたるみの対策方法として、忘れてはいけないのが、
顔の筋肉を鍛えることてす。エクササイズで重力に
負けないように頑張りましょ。たるみが「むくみ」による
原因で起こる人もいます。むくみを取り除くことによってたるみが
改善されることもあります。

それから適度な運動は心身をリフレッシュしてくれて、
心のたるみも防いでくれます。むくみやすい体質の人は、
何が原因でむくんでしまうのかを知りましょう。

むくみが気になる人は飲みすぎ食べすぎもよくありません。

普段からストレス発散を心がけることもほほたるみの対策です。
ストレスは何においてもよくありません。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔に見える方法

より小顔に見えるいろいろな方法をご紹介します。


むくみやたるみなどで大きくなった顔。フェイスラインをすっきりみせて、
本来の輪郭を取り戻してみたいですよね。さっそく試して、
小顔な美人になってください。最初に顔の筋肉を動かして、張りのある
肌を作りましょうね。

小顔に見られない原因の一つはむくみです。顔の筋肉を動かす
エクササイズをしましょう。この効果でほほがあがり、血行もよくなり、
若々しく見えます。

食事は毎日のことですからその時に良く噛んで、筋肉を動かすことにより、
だんだんとむくみが取れて輪郭がシャープになります。
たくさん噛むことは、消化も助けますし、ダイエット効果もあります。
まずはストレスを感じない生活は小顔になるためには必要です。

笑うことにより、筋肉がトレーニングされるのです。

疲れた筋肉のマッサージもお忘れなく。心も健康になることも大事なことですね。
第一にむくみの原因となるのが水分です。特に寝る前の水分の取りすぎは禁物です。

それから枕などは首などが圧迫されるとむくんでしまいます。

自分にあった枕を選ぶことも大切でしょう。

小顔に見せるには髪型を変えるだけでもずいぶん違ってきます。
エラなどを気にして隠してしまいがちですが、逆効果になる場合もあります。
髪の毛が広がっているとそれだけで、「大きい」というイメージを
与えてしまうものです。髪の毛の量を調節して、頭が大きく見えないよう
にするのも1つの手段です。髪質を知り、自分に合ったシャンプーやリンス、
整髪剤を使いましょう。

フェイスラインをスッキリ見せるカット、小顔に見せるテクニックなどを、
美容師さんに相談するのもいいですね。おうちで、日ごろから出来る
簡単な方法をご紹介いたしました。もっと他にもたくさん方法はあると思います。

専門の美容本なども参考になるのでぜひやってみてくださいね。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボトックスの特徴と小顔効果

小顔効果とボトルックスの特徴について考えてみましょう。

ボトックス注射といわれるものは小顔を目指したり、シワ治療などに
使われることがあります。気になる部分に直接注射できます。

注意したいのがボトックス注射は年齢によって出来たシワよりも、
顔の表情筋により出来たシワに有効的だということです。

注射をしてからの効果は個人差があり、数週間で切れる人もいれば、
長く効く人もいるようです。手軽に注射だけで出来るから
手軽とうのも特徴のようです。美容外科手術といえば、脂肪吸引や皮膚の
切除や縫合などの大掛かりなものですが、そのような手術でなく
美肌や小顔に挑戦できます。施術後が気になるところですが、すぐに
普段どおりの生活ができ、メスを使わず、時間もかからないので患者さんの
負担が少ないのがメリットです。


シワがないお肌は若々しく見えますし、シャープのフェイスラインは
小顔の一番の条件です。いち早く小顔効果を手に入れるには、
ボトックス注射が最も効果的な手段だと言えます。

現在では、ボトックス入り化粧品もあります。小顔を手に入れ持続させる
効果で売られています。ボトックス注射の効果と同じ様に筋肉に働きかけ、
シワを改善し小顔に効果のある成分が含まれています。

最近では小顔やシワだけでなく多汗症の治療などにも使われてきている
ボトックスですが、まだまだ可能性を秘めている美容成分ですね。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎化粧品の選び方

何を基準にして基礎化粧品を選べばいいのでしょうか?何を基準に選んでいますか。

皆さんご存知のとおり、スーパー・デパートの基礎化粧品の数は
数限りなくあります。魅力的な商品説明や価格が高い、
CMでたくさん宣伝しているメーカーまたは、海外ブランド。

こだわりはそれぞれですよね。一方、最近では素敵な容器に入っている
化粧品や香りがいいものもたくさんあるので、それらを選ぶ人も多いでしょう。

基礎化粧品を選ぶ際の重要なポイントはどのような成分でその商品が
造られているかということです。それはどのような効果があるのか、
そしてそれが自分にとって効くのかということです。

一時的に肌のトラブルが解消されてもトラブルが起こってしまう原因が
治っていないこともあります。年齢、性別、肌質によっても、
選ぶ基準が変わってきます。基礎化粧品を選ぶ前に、自分の年齢、性別、
肌質など知っておかなければなりませんね。

それから、自分の生活環境を知っておくことも大切なのかもしれません。
肌の調子は、季節、体調、ストレスにも大きく影響されるものです。

基礎化粧品すべてを使うことがよいこととは一概にはいえません。これらは、
あくまでも基本のスキンケアです。分かりやすくいえば、
ニキビの出来ている肌には油分はひかえめにしたほうが良いのですが、
オイルが多いクリームをつけてしまうと肌に負担となってしまいます。

特に気をつけたいのは、過剰な宣伝やブランドに惑わされず、
自分の肌質や状態にあった肌にやさしい基礎化粧品を選ぶようにしましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレンジングは基礎化粧の基本

どんなに疲れていて面倒でもメイクだけはしっかりと落とし、毛穴の置くの
汚れを取ってくことが大切です。メイクをしたままでは肌に
負担をかけてしまいますし、基礎化粧において一番重要なことは
クレンジングだからです。肌が汚れたままで、化粧水や乳液などでお手入れ
しても効果は得られません。

クレンジング剤には、コットンなどで拭き取るタイプとジェルなどの
洗い流すタイプがありますが、拭き取るタイプは、
こすっている状態ですので、逆に肌に負担をかけてしまいますから、
おすすめはできないですね。クレンジングのやり方ですが、
ゆっくりと丁寧にすることが基本です。

メイクや汚れを浮かび上がらせるように、ゆっくりと行いましょう。

クレンジングは基礎化粧の基本です。クレンジングをしっかりとすることで、
その後のお手入れに効果があるのです。手のひらで顔全体をマッサージ
するように心がけましょう。洗顔の必要性ですが、クレンジングを
丁寧に行っても、毛穴の奥の汚れや皮脂は、クレンジングだけでは落としきれません。

やはり洗顔料を使ってさっぱりと汚れを落とすほうが肌のためにはよいのです。
「クレンジング、次に洗顔」とセットで覚えておくことが大切です。
基礎化粧の工程において洗顔はクレンジングの次に大切なものなのです。

洗顔料は適量を手に取り、よく泡立てましょう。細かい泡を作ることで、
毛穴の奥がきちんと洗えるのです。細かい泡を作るスポンジや
ネットが市販されていますから、利用してみましょう。さらにスクラブは
血行を促進したり、汚れや古い角質をよく落としてくれますので、
スクラブ入りの洗顔料も良いでしょう。

ただクレンジングや洗顔のしすぎはよくありません。

その点だけは気をつけるようにしましょう。せっかくの基礎化粧が台無しです。

にきびや吹き出物などのさまざまなトラブルを引き起こしてしまします。

自分に合ったクレンジング剤や洗顔料を見つけることも
基礎化粧の大切な第一歩なのです。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきびに効く化粧品

にきびがキレイに治ったとしてもにき跡が残ってしまうことはよくあることです。

特ににきびがひどくなり赤にきびになってしまい、にきび跡が残ってしまったり
、クレーターと呼ばれる陥没したにきび跡になってしまうこともあります。

にきび跡に効果的な化粧品はビタミンC誘導体配合のものです。

またピーリングもとても効果があります。高い抗酸化作用があるビタミンC配合の
化粧品は、活性酸素を取り除く働きがあります。

そうすることでにきびの予防にもなり、にきびの跡にも効果があります。

なぜなら皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えることができるからです。
そしてみずみずしいハリのある肌になっていきます。
なぜならコラーゲンを促す働きもあるからです。

ただひとつ気をつけなければならないのは、炎症をおこした場合です。

かゆみが出たりしたら肌に合っていないというサインでのですぐに
使用をやめましょう。

ファンデーションを選ぶときはにきび跡を隠したいからといってカバー力の
強いリキッドファンデーションなどを選ぶとにきびがひどくなることが
ありますので、注意が必要です。ファンデーションはなるべく薄づきのタイプ
のものを選ぶようにするとよいでしょう。またコンシーラーなどを
利用すればにきびの赤みの気になる部分を隠すことができるでしょう。

ともかく刺激の強い化粧品を避けることが大事です。

また油分は控えめなものにするとともに、化粧水をたっぷりとつけるように
しましょう。自分の肌に合った化粧品を上手に選んで使いたいものです。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミの原因

紫外線をいかにして防ぐかということが、シミの予防や対策につながると
言われているほど、シミの主な原因は紫外線によるものです。

人間の皮膚はターンオーバーという一定周期で肌の新陳代謝をになってくれる
働きがあります。日焼けをしたり、紫外線を浴びたりすると、
ターンオーバーの周期が乱れてしまうのです。すると皮膚にたまった
メラニン色素を除去することができません。これにより、肌の表面にメラニン色素
が沈着してしまうのです。

本来メラニン色素というものは紫外線からお肌を守るために働いてくれるものです。
加齢などが原因で、新陳代謝の働きが弱まります。するとそれが
シミの原因になってしまうのです。普段の生活習慣も原因になっていることも
あります。原因は紫外線や日焼けだでではないということです。

肌のターンオーバーの乱れには次のような原因があります。それは過度のストレス
・飲酒や喫煙・食生活乱れ・睡眠不足などです。これらが原因でシミが
できてしまうというわけです。さらにターンオーバーが乱れるとホルモンバランス
が崩れてしまいます。これはにきびや肌荒れ、しわなどの肌のトラブルの
原因になり得るのです。日々の生活習慣の乱れている人は注意が必要です。

常に肌荒れやシミのリスクを背負っていることになるからです。

規則正しい生活習慣を心がけ、食生活を見直してみることで、
シミのないきれいな肌をめざしましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミの種類

まったく自分では気がつかないうちに突然顔などにシミができていてショックを
受けることがあります。

この肌にできるシミとはいったいどういうものなのでしょうか。

シミは皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態です。これは主に紫外線に
よって色素沈着がおこったことが原因です。シミができてしまう原因は
主に紫外線によってメラニン色素が増えてしまうことにあります。

シミは肌の肌の下で育っているということも考えられます。

今はまだ表面に現れていなくても、いつか時間の経過や加齢ともに現れて
くることもあるので気をつけなければなりません。シミにはいろいろな種類が
あるのですが、そのひとつは炎症性色素沈着というものです。
これはやけどやかぶれ、にきびなど肌の炎症が引き金になってシミができるものです。

比較的レーザーなどによって治療しやすいシミがこの炎症性色素沈着です。
主に30〜40代の人に多くみられる傾向があるのが老人性色素斑です。
これは老化現象の一種であるといわれています。

若いときからずっと日焼けなどで紫外線を浴び続けてしまった人はこの
老人性色素斑ができてしまうことが多いようです。老人性色素斑は紫外線を
受けやすい手や顔・腕・すねなどにできやすく、シミの大きさは
様々で個人差があります。中高年以降の人に多く見られるのが、脂漏性角化症です。

これは老人性色素斑にしこりのような良性の腫瘍ができてしまうことによって
できるシミです。老人性色素斑と同じく、長期間紫外線を浴び続けて
しまったことが原因です。シミには様々な種類のものがあるのです。

自分のシミがどんな種類のものであるかを見極めてその特徴に合った
治療や対策をしていきましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきびの予防

一番にきびの予防に効果的なのは正しい洗顔をすることです。

第一に肌を清潔にすることですから、メイクはしっかりと落とさなければなりません。
ただし油分の多いクレンジング剤は油分の多くなっている肌には
好ましくありません。クレンジング剤は油分が多すぎず、少なすぎないものが
良いでしょう。また洗い流すタイプのものが肌への負担が少ないのでおすすめです。

それから刺激が少ないものを選ぶことも大切です。スクラブ洗顔料などは避け、
弱酸性の洗顔料のやさしい泡で洗い流すようにすると良いでしょう。

にきびを予防する洗顔方法ですが、大事なのは汚れを落とそうとしてゴシゴシ
こすらないことです。逆に肌を痛めてにきびが悪化します。まず髪が
顔にかからないようにして顔をしっかりと出します。生え際の洗い残しは毛穴を
ふさぐ汚れにつながってしまいます。そして人肌ぐらいのぬるま湯で
毛穴を開き、汚れを落としやすくてから、洗顔料をよく泡立てて肌の中心から
外側にむかって洗い上げます。細かいところまで丁寧に洗い、
力はいれすぎないことがポイントです。最後はぬるま湯で洗い流します。

このとき肌をこすらないようにしましょう。タオルで水分を取るときも肌を
おさえるようにしてふきとりましょう。

このような正しい洗顔はにきびの予防・改善に効き目がありますので
毎日実践してきれいな肌をめざしましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。