シミの種類

まったく自分では気がつかないうちに突然顔などにシミができていてショックを
受けることがあります。

この肌にできるシミとはいったいどういうものなのでしょうか。

シミは皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態です。これは主に紫外線に
よって色素沈着がおこったことが原因です。シミができてしまう原因は
主に紫外線によってメラニン色素が増えてしまうことにあります。

シミは肌の肌の下で育っているということも考えられます。

今はまだ表面に現れていなくても、いつか時間の経過や加齢ともに現れて
くることもあるので気をつけなければなりません。シミにはいろいろな種類が
あるのですが、そのひとつは炎症性色素沈着というものです。
これはやけどやかぶれ、にきびなど肌の炎症が引き金になってシミができるものです。

比較的レーザーなどによって治療しやすいシミがこの炎症性色素沈着です。
主に30〜40代の人に多くみられる傾向があるのが老人性色素斑です。
これは老化現象の一種であるといわれています。

若いときからずっと日焼けなどで紫外線を浴び続けてしまった人はこの
老人性色素斑ができてしまうことが多いようです。老人性色素斑は紫外線を
受けやすい手や顔・腕・すねなどにできやすく、シミの大きさは
様々で個人差があります。中高年以降の人に多く見られるのが、脂漏性角化症です。

これは老人性色素斑にしこりのような良性の腫瘍ができてしまうことによって
できるシミです。老人性色素斑と同じく、長期間紫外線を浴び続けて
しまったことが原因です。シミには様々な種類のものがあるのです。

自分のシミがどんな種類のものであるかを見極めてその特徴に合った
治療や対策をしていきましょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。