にきびの原因

にきびとは具体的にいうと毛穴が詰まることによる炎症のことで、その炎症の
原因は主に余分な皮脂分泌です。単なるにきびと考えずに皮膚の病気
と捉えてきちんとした治療をすることが必要でしょう。にきびの原因となるものは
その症状によって実に様々です。ひとつはにきびの初期症状にあたるもので、
白にきびといいます。これは毛穴が詰まって皮膚の表面に白く盛り上がった状態に
なることです。白にきびは毛穴が閉じてしまうことが原因でできてしまいます。

毛穴が閉じるのを防ぐには、毎日の洗顔を適切に行って、皮脂がきちんと
排出されるようにすることです。次に黒にきびですが、毛穴内に詰まった皮脂が
毛穴の外に押し上げられて、毛穴が開き入り口のところで酸化して
黒ずんでいる状態です。黒にきびは毛穴のつまりと、皮脂分泌が過剰なことが原因でしょう。

さらに軽症の白にきびや黒にきびを放っておいたことにより、毛穴に炎症を
おこしてしまった状態が赤にきびです。赤にきびにまで悪化した場合は、
食事のコントロールや洗顔などの方法ではなかなか良くなりませんので、
そのストレスでよけいに悪化してしまうことがあるようです。そして「化膿にきび」
とはこの赤にきびが悪化してしまった状態をいいます。

化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。アクネ菌は皮膚を栄養にして
増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。
この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。

このように一口ににきびと言ってもその状態には段階があります。
それぞれの症状に合った適切な治療をすることが重要です。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。