ホクロのレーザー治療とは

レーザー治療によってホクロを除去するというのはよく耳にする話です。

レーザーとは人工的に作りだした強い光で、それをホクロにあてることによって
ホクロを取り除く方法です。ホクロの細胞の中にある水分と反応して
蒸発させるというのがその原理です。この水分に反応するレーザーは
「炭素ガスレーザー」というもので、他には黒い色素だけに反応するレーザーと
組み合わせてホクロ取りに使用します。またもうひとつよく利用されるものに
「高周波発生装置」があります。

この高周波発生装置を使うと出血が無く、傷の治りが早いのが特徴で、電気メスで
電流により発生した熱でホクロを蒸発させます。どの方法でも局所麻酔を
してくれますので、痛いということはありせん。レーザー治療が最も有効なのは
直径5ミリ以下の平らなホクロです。顔にたくさんある小さなホクロなどを
取る場合短時間で済むのでおすすめです。直径3ミリくらいまでのホクロであれば、
レーザー治療でキレイに取れます。

また5〜6ミリぐらいのものであっても1回の治療で半年後には目立たなくなります。
レーザー治療の後、1週間程度でかさぶたが剥がれ3ヶ月くらいで腫れ・赤みが
ひいてきます。1年くらいすると近くで見てもわからないようになります。

ホクロが深いと何度か治療を繰り返さなければなりませんが、通常5ミリ程度までの
ホクロであれば1度のレーザー治療で完全に取り除き、治療後の後も
目立たなくなるでしょう。レーザー治療とはどいういうものかよく調べた上で、
病院や治療方を選択するとよいかもしれません。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。