顔のたるみやすい人の特徴

顔がたるみやすい人はいくつか特徴を持っているので、それを紹介します。

内臓は血流の半を作り出していますが、そのため内臓が弱いと血流が悪くなり、
それが顔のたるみを作るため、内臓が弱いと顔のたるみにみつながるのです。
内臓には食べ物の栄養素を吸収するものがありますが、そういう胃腸が
弱いと栄養も吸収できず、栄養状態が悪くなるのです。栄養状態が悪いと
筋肉も丈夫にはならないため、顔がたるむことになるのです。

内臓が丈夫でない人は、ものを食べるときによくかむ習慣をつけると消化もよく、
内臓に負担がかからず、筋肉も使うので顔のたるみ解消になります。
血行が悪かったり冷え性であったりしても顔がたるみやすく、それは血行が
悪いと血流が悪くなって栄養が充分に運ばれないからです。したがって
栄状態が悪くなって筋肉も衰えることになり、顔のたるみを招いてしまうのです。

このような冷え性、血行の悪い人は、なるべく体を冷やすようなことを避け、
適度な運動をするようにしましょう。運動不足の人、ずっと同じ
体勢での仕事をする人も顔がたるみやすく、それは体を動かさないので筋肉が
衰えはじめ、顔のたるみにつながるためです。無表情でいることも
顔のたるみを作りやすく、それを解消するためには顔の下半分を動かすように
しましょう。無表情でいると口角が下に下がりやすくなりますが、
これは自然の重力によるもので、顔の皮膚がたるむというわけです。

意識的に口角をあげることで、顔のたるみは少しは解消されますし、
何よりも笑顔が美しくなります。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。