顔たるみの原因について

顔のたるみの原因として考えられるのは、肌の乾燥や皮下脂肪の減少です。

まず、肌の乾燥は顔のたるみの大敵で、さらに老化を早める大きな要因です。
エラスチンやコラーゲンと呼ばれる繊維芽細胞は、皮膚細胞が生産する
ものですが、これらが健康的な肌を維持するのに必要不可欠なのです。

この繊維芽細胞の活動を妨げるのが、皮膚の乾燥というわけです。美肌を
作り出すために必要なエラスチンやコラーゲンが不足することは、
肌がハリを失い、顔にたるみを作ってしまうことになるのです。

顔のたるみは、顔の皮下脂肪が減少することでも作られてしまうのです。
体の中の皮下脂肪組織の働きは、場所によって弱くなりやすい部分が
ありますが、その変化が激しいのが目のまわりです。年をとると
皮下脂肪組織の働きが弱くなるため、顔のたるみがひどくなって目が
くぼんだり目元のしわを深くしてしまうのはこのせいなのです。

年をとることは誰しも避けられることではありませんが、乾燥しないように
気をつけることはできるでしょう。肌が乾燥してしまうと、いくら
コラーゲンがあってもその働きが弱くなってしまうので、美容用品を使っても
顔のたるみをとるための効果が低くなってしまうのです。

日常的にケアを怠らず、乾燥対策をすることが大切です。

お風呂上りなどもすぐに充分な保湿をするなどしてしっかり肌の乾燥を
2防ぐようにすれば、顔のたるみもきっと解消できるでしょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | 美容・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。