メタボリックシンドロームとダイエット

メタボリックシンドロームを予防するため、メタボリックシンドローム対策の
ためにダイエットに取り組んでいる方はたくさんいるようです。

最近テレビなどでもよく取り上げられるこのメタボリックシンドロームですが、
いったいどんなものなのでしょうか。

肥満の中でもとくに内臓に脂肪が蓄積している状態の肥満が原因で
生活習慣病呼ばれる病気になることがあります。これには「高血圧」
「高脂血症」「肥満症」「糖尿病」などの病気が含まれます。

メタボリックシンドロームとはこの内臓に脂肪が蓄積されることにより
病気が引き起こされた状態のことを指します。

この内臓に蓄積された脂肪を取るダイエットをすることが、メタボリック
シンドロームの予防には大変効果的だといえます。
これからダイエットを始める人は、その前に自分の身体に蓄積された
脂肪の種類を把握しておくこともポイントです。

体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを
「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを
「内臓脂肪型肥満」とよびます。またそれぞれについて、洋ナシ形肥満や
リンゴ型肥満などと呼ばれることもあります。体形の特徴からそう呼ばれるのです。

メタボリックシンドロームといってもその中身は様々です。

また自分ではほとんど気がつかないうちに病気のほうが進行している
ことがよくあることなのです。第一に自分自身の体が
どんな状態なのかチェックして、メタボリックシンドロームについても
きちんと理解することが大切でしょう。

そしてそれが効果的なダイエットを進める第一歩になり、
メタボリックシンドロームの予防や改善をすることができるでしょう。

ダイエットといってもいろんなタイプのものがあるので、インターネット
などで検索して、自分にあったダイエット方法を見つける事が大切です。

posted by aoi52684 at 00:00 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。