セルライトの原因

今話題になっているセルライトには、冷え性・加齢・運動不足・むくみなどの
実に色々な原因があげられます。

セルライトはとにかく血行が悪くなることによって生成されます。
その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や
加齢だといわれます。そして血行が悪くなる原因は他にもあります。

それが「むくみ」や「冷え」なのです。セルライトができやすい部分が
「太もも」「お尻」など下半身に集中しているのも、
下半身の血行が悪いためです。さらに体内での脂肪の合成や分解、
蓄積を行う細胞であり脂肪細胞というものがあります。

この脂肪細胞がセルライトのできる原因に大きく関わってきます。
脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加すると体脂肪率が上昇して肥満になります。
他の細胞と違って、脂肪細胞はいったん数が増えてしまうと、
ほとんどなくなったり減ったりするとはないのが特徴です。

見た目はダイエットをして痩せても、実は脂肪細胞の数は減らないということです。

そういうわけで継続的なセルライト除去の必要性があるということになります。
またとくに運動不足になりやすい大人の女性にセルライトが
できやすくなるには理由があります。それは脂肪細胞が若いうちだけではなく、
一定の年齢を過ぎても増殖し続けるからなのです。このような様々な
原因をふまえ、セルライトを解消する対策をしていくことが大切ではないでしょうか。
posted by aoi52684 at 00:00 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。