セルライトとは

セルライトという言葉が最近テレビや雑誌などでよく取り上げられるようになりました。
このセルライトとはどういうものなのでしょうか。

脂肪の塊というのがセルライトの本来の意味です。身体の血行が悪くなると、
皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えてしまいます。

それによって脂肪細胞がだんだん肥大化します。

この脂肪細胞が老廃物と絡み合っていきます。それがセルライトに変化してしまうのです。
セルライトが出来ると、肌の表面がデコボコしてきます。
それは脂肪部分に厚みができるからです。症状がひどくなってくると、
肌の表面がオレンジの皮のように見えるほどデコボコしてきます。

これはオレンジピールスキンと呼ばれるものです。

しかしこのように肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が
悪化している段階です。一見何もないように見えて、
実はセルライトが生成されていることがありますので注意が必要です。

セルライトの解消は通常のダイエットではできませんので、きちんとした
除去の対策が必要になります。女性の約8割はセルライトがあるといわれ、
女性に多いというのが特徴だといえます。

また身体の中ではとくに皮下脂肪が多い部分である太もも・ふくらはぎ・
お尻などにできやすいので注意しましょう。
また最近ではお腹の部分や顔にできるセルライトもあることがわかってきました。
セルライトは運動不足によって血行が悪くなりがちな成人女性に多いものです。

日々の運動不足解消を心がけることがセルライト予防につながるといえるでしょう。
posted by aoi52684 at 00:00 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。